土曜に祖母からもらったつぼみのヒガンバナが咲きました。右下のものが咲きかけで、花弁が割れると中から雌しべがでてくるようになっているみたいです。白もいただきました。今日は祖母のご友人の先生のところへ借りていた本を返しに行き、また講習会の話もさせていただきま ...

私が夏期短期講習会に行ってからもうすぐ一ヶ月になります。連日表千家の表門を緊張の中潜っていったのがはるか昔に感じられます。私も夏期講習のことをだんだん忘れつつあり、また明日春のメンバーに会ってこのことをお話したいと思っているのでここで講習会のことを思い出 ...

(鎌倉・海蔵寺 今日撮影)鎌倉散歩に行ってきました。上の写真の通り萩は終わっていましたが、代わりにヒガンバナがあちこちで咲いてきていました。それにしても今日は暑かったです、長袖で行ったのを後悔しました。東慶寺のヒガンバナ。東慶寺にはいくつかお茶室があり、日 ...

(鎌倉・東慶寺 2011.8.20 撮影)季節はずれの台風によりこの日・月曜は大変なことになりそうです。日曜にはマボタンメンバーで飲み会をやるのでできれば降らないで欲しいですね。その日曜は中秋の名月の日でもあります。今年は残念ながら見られそうにないですが、中秋の名月 ...

今日は東京の茶道関連の美術館を紹介したいと思います。茶道専門の美術館というのは畠山記念館のみで、ほとんどは日本の美術品を集めた美術館です。なのでたいていのところでは茶道の展覧会・もしくは茶道具が出る展覧会を事前にチェックしなければなりません。1 根津美術 ...

(ホトトギス 鎌倉・東慶寺にて 2011.10.4. 撮影)ホトトギスという花は私にとって晩秋のイメージなのですが意外と8月から咲いています。この花の由来は花弁の斑点が鳥のホトトギスの模様と似ているところから来ています、つまり鳥のほうが先で、花のほうが後です。ユリ科 ...

さてみなさんは「清浄歓喜団」というお菓子をご存知でしょうか。唐菓子というその名の通り唐から伝わったお菓子の一種がこのお菓子であり、日本の最初期のお菓子となりました。ちなみに現在の和菓子の源流はこれではなく、宋代に伝わった「点心」のお菓子になります。唐菓子 ...

日に日に夜の秋風涼しくなり、外からは鈴虫の音、季節が変わっていくのが感じられます。今日は元禄年間に創業したという和菓子屋・秋色庵大坂家に寄ってきました。買ったのは秋仕様の和三盆です(ほんとは買うつもりなかったんですけど黙って出て行くのはアレかと思い買ってし ...

今日も東博で展示されていた茶道具を紹介します。写真は「萩図扇面」、狩野了承作です。萩・薄・紫苑が描かれた優美な作品です。今回紹介するのは広田不狐斎という茶人が東博に寄贈したお道具のコレクションの一部から茶会を想定して道具組みされています。水指:豆彩束蓮文 ...

秋は春に負けぬくらい花の賑やかな季節です。昔から多くの画家が秋草をモチーフに描いてきましたが、上の東京国立博物館蔵の俵屋宗雪作の秋草図はその中でも特に優れたもののひとつです。写真では萩・オミナエシ・薄葉が描かれていますが、六曲もあるのでまだまだ他にもたく ...

↑このページのトップヘ