昨日の根津美術館訪問の復習をかねて、今回見たお道具を紹介します。今日は世にも珍しい井戸「香炉」の「此の世」を紹介します。井戸で香炉というのは聞いたことがないですが、見立てものでしょう。カイラギや侘びた色合いは井戸そのものです。胴にはロクロ目があり、口の部 ...

今日は根津美術館「中世の花会と茶会」・畠山記念館「唐物と室町時代の美術」の二つの美術展に行ってきました。根津美術館は7月1日のマボタン見学会の下見のため行ってきました。牧谿の「漁村夕照図」が見られたのは大変感慨がありました。この前畠山記念館で「煙寺晩鐘図 ...

今日は「別是一乾坤」(べつにこれ いちけんこん)という禅語を紹介します。出典は『従容録』、南宋時代の成立で、曹洞宗において重んじられている公案(悟りを開くための課題として与えられる問題)集です。「乾坤」とは天地・世界を意味し、つまり全体としては今生きている世 ...

今日は赤楽茶碗の「白鷺」を紹介します。これも長次郎作の茶碗で、個人所有のためあまり知られていませんが、彼の代表作の一つに挙げられます。腰から高台にかけての曲線はどの楽茶碗にも見られないほど緩やかで、口径は他と比べ狭くなっています。下部には白っぽい雨漏りが ...

長雨のじめじめした季節になってきましたね。この季節は袴を着ると露がかかってヨレヨレになってしまうので困ります。この前のお稽古の時に濡れてしまい早速クリーニングに出す羽目に。今日は禅語を紹介します。禅語は墨跡に書かれた、禅宗の経典から取られた言葉のことです ...

今日は赤楽の太郎坊を紹介します。言わずと知れた長次郎作赤楽の代表作であり、楽茶碗の典型をなしています。他のものもそうですが長次郎の茶碗は手びねりながら素晴らしく均整が取れています。特に腰から高台にかけての曲線はそれぞれ個性があって見どころがあります。「太 ...

近くで色鮮やかなアジサイを見つけました。紫と青が混ざり合って綺麗です。今日は「青園」というお菓子を使いました。枇杷のことです。いま時は枇杷の実がたくさんついてます。ちなみに花が咲くのは十一月ごろです。今日は新しく来たばかりの棚を使いました。種類はわかりま ...

今日は利休の最も愛玩した黒楽の「禿」(かむろ)を紹介します。茶色みがかった「大黒」などと比べると、むしろ赤っぽい感じがするのが特徴的です。高さは9センチあり、楽茶碗でも背が高い部類に入ります。宗旦が弟子の山田宗偏に渡したことから一旦千家を離れますが、今は ...

今年も葵が綺麗です。サツキが終わるといよいよアジサイと花菖蒲の季節です。今日は散歩がてら浜離宮へ行ってきました。江戸時代は将軍家の別邸、戦前は皇室の離宮、現在は都立公園となっていて、大変広い敷地を持っています。銅板葺きの建物は中之島の御茶屋で明治天皇も使 ...

今日から風炉での稽古となり、点前の変化に若干困惑しつつも去年の時よりは覚えていたかな、といった感じです。今回は生菓子にこの前紹介した落し文を使いました。鶴屋吉信は出来が大変よい上に美味です。この色合いは他じゃ出せません。茶花はクレマチス、掛物は、もう過ぎ ...

↑このページのトップヘ