009































今日はちょっと鎌倉を散歩してきました。

今年は相当寒い年らしく去年だったら福寿草も葉っぱまでが出てくるくらいだったかと思いましたが、今日の鎌倉は梅も全く咲いておらず驚きでした。温暖な気候で東京よりも暖かい鎌倉がここまで春が遅いとは思いませんでした。まぁ咲いていない梅は梅で、茶人らしく「未開紅」として楽しみました。






010


















まず向かったのは花の寺・東慶寺。境内は見ての通り、一分咲きにも満たない感じでした。やはりもっと温かさが必要です。




024

















東慶寺では毎年定位置に福寿草が咲いているので、その場所の記憶を頼りに探していたら、ようやく出てきたばかりのつぼみを見つけました。このような出始めのフクジュソウを見たのは初めてかもしれません。祖母の家にも福寿草がありますが、こちらは鎌倉よりも遅いのでこれからのはず。




031



































035































子どもが描いた太陽の絵みたいな花のマンサクです。なんとも面白い花弁が能天気な感じを醸し出していて大好きです。







037






















040

















春を待つ東慶寺境内。花の寺といえどもこの時期は地味そのものです。




041































つぼみの固い梅。今年の鎌倉の梅の見ごろは相当遅く、二月下旬から三月上旬になりそうです。ただ去年だったか忘れましたが、一気に気候が春になってしまった年があって、その時は桜が相当早く見ごろを迎えました。








045
























047

















東慶寺の二つの茶室。どちらもなかなか立派。小間のほうは目立ちにくいですが、本堂の北側の高台にあります。







054

















東慶寺を出て。浄智寺の前に至ると見事に咲いた蝋梅が。東慶寺のものは散ってましたが、この蝋梅は狂い咲き。



057

















明月院踏切の先にある藁ぶき屋根のお家。手前の蝋梅がとってもきれい。




058






























いつものごとく建長寺前を右に曲がり亀ヶ谷坂へ。途中のお地蔵さん。建長寺の本尊も地蔵菩薩でした。





060

















扇ガ谷の海蔵寺。こちらも花の寺です。東慶寺とは違い無料で入れます。多くの人は手前で曲がって源氏山に向かいますが、私はいつもこっちに。









063
































海蔵寺の本堂。銅板葺のなかなか古さを感じるお堂です。




068





















088

















海蔵寺の境内はところどころで福寿草が出てきていました。秋の曼珠沙華もそうですが、福寿草は思わぬところからニュっと生えてきます。






077

































一番きれいだった福寿草。やっぱり葉の出る前のほうが様になります。




089

















おわりかけの水仙も。この花は咲く時期が長いのでいつも咲いているなぁと思ってしまいますが、もう見納めです。





091

















海蔵寺奥の自然と人口が同居する空間。作為をもって作られたやぐらや水路、そして意図して植えられたツツジや山吹がだんだん年月の中であたかも最初からそこにあったかのような風情を醸し出しています。ここは私の大好きな空間です。






092

















梅のお寺、英勝寺。

徳川幕府の援助で建てられた山門や仏殿が並びます。境内入口の早咲きの梅はかなり咲いていました。



094


















いつの間にか楼門の修復工事が終わった鶴岡八幡宮。修学旅行の中学生たちがこの日はたくさんいました。



097

















衝撃的だったのが、鎌倉の象徴・段葛の工事でした。有名だった桜並木はすべて伐採されてしまっていました。確かに今年の春ここの桜を見たときあまりにも勢いが弱弱しいなと思っていましたが、まさかこうなるとは思ってもいませんでした。このような排ガスだらけの場所に桜を植えるのももうちょっと考えてほしいと思いますが、それにしてもなんとも複雑な気分です。

段葛の件はまことに残念ですが、これからは梅に桜に良い時期なので近くまた行こうと思います。