022

















久々に行った鎌倉。ちょっとづつ変化しているみたいでした。

閑静な北鎌倉。私はいつもここから鎌倉駅まで歩く順路が好きで 基本ここ以外鎌倉は歩かないくらいです。この北鎌倉もだんだん都会のせせこましい雰囲気がやってきたような感じがします。二四時間便利店がついに出来たり スイカで円覚寺に入れるようになったり 外国人が異様に増えたりと ここ数年にない目まぐるしさがある気がします。

北鎌倉では紅葉が進みつつあるのですが 山と比べるとまだ緑。紅葉の名所 円覚寺もまだモミジが青々としていました。


031

















居士林の門は紅葉の良い撮影場所。ここの大雪が降ったときの景色を一度見たことがありますが えも言えぬ禅林のたたずまいがありました。あとその時はあまりの吹雪に円覚寺で遭難しかけたのは懐かしい思い出。


044

















梅の撮影場所に最適な選仏場。隣にはモミジもあります。





048

















円覚寺に住み着いた猫。今日もいました。係員さんが大事にしてくれているみたいです。



051

















山門から見る円覚寺下は少々紅葉が見られます。見ごろはあと二週間は先でしょうか。




058

















円覚寺を離れ巨福呂坂の道へ。その手前には私のお気に入りの茅葺屋根のお家があります。常盤金縷梅の生垣越しに見るお家はとっても風情あり。もしこれが無くなる時あらば その時北鎌倉の風情というのはもう著しく減退しているだろうと思います。




060

















扇ガ谷の入口へと至るとこの時期畑の脇には菊の花が沢山見られます。私は臙脂色のものが一番好きです。



061

















蔦も徐々に枯れていって紅葉です。



062



































扇ガ谷の海蔵寺。知る人ぞ知る花の寺です。私の鎌倉で最も好きな場所であります。





070

















本堂横の山吹に住みよい小川とやぐらのある場所。いつも小一時間ここでやぐらの景色を眺めます。なんだか禅庭のような深淵さがここにはある気がします。海蔵寺は奥まった場所にあるので何年経ってもあまり雰囲気は変わりません。松の木の巨木が立ち枯れそうになっているのと 本堂後ろに非公開の庭園が出来たのを除けば。やはり不便なりの良さというべきか。




072

















海蔵寺の竜胆。今年も龍が這うがごとく咲いていました。竜胆は日が差さないと自分で花を閉じる珍しい習性があります。




076

















海蔵寺横のやぐら前に苦菜の花。ひっそりと秋を愉しみます。



078

















毎年売れ残るこの柿の実。ヒヨですら食べないんだから美味しくないんだろうねぇ。





079

















縁日がごとき盛況の八幡サマへ。これでも平日の朝一に行くと誰も歩いてないんですヨ。八幡サマの人手はここ数年本当に増えた気がします。



080

















11月の神社名物 菊花展です。蓮の花みたいな形の菊もあってびっくりです。




085

















遅めの昼は若宮大路のこの店で。いつも並んでいる人気店です。




082

















ここのお蕎麦。麺つゆはふつうでしたが のど越しが最高で風味も素晴らしかったです。おすすめです。

若宮大路も今は檀葛が工事中で 初めて来た人は驚かれるかもしれません。かなり痛々しい景色なので早く終わってほしいですね。

やはり若宮大路なぞは昔ながらの店がどんどん消えて小奇麗な店にとって替わられていまして 本当に目まぐるしいばかりです。ちょっと寂しい気もしますが 私としては海蔵寺のように変わらぬ景色がある限りは鎌倉散歩を行い続けることができるでしょう。

いつまで古き良き鎌倉は残っていられるのか 難しい気もしますが それはそれで。