014

















桜満開の金沢。

金沢城の石垣の染井吉野がとっても奇麗。






016

















昨日雨が降って少々散り始めたがまだ今週までは楽しめそう。




021

















石川門の前の桜はやっぱり一番見事。この辺りは人でごった返して平日とは思えない賑わいだ。




024

















午前中は雲が多かったがちゃんと見えた医王山と桜。眺望は兼六園の特長の一つだ。



030

















少し遅咲きの旭桜。まだ咲かずと思いきや。




028

















ほんの少しだけだけど開花。一週間後には綺麗に咲いてくれているだろうか。



031

















用水の水面に花筏。杜若にひっかかって集まる。






033

















七福神の荘厳。兼六園で一番好きな場所かもしれない。




035


















立派な染井吉野の一本木。染井吉野は枝を見るとだいぶ弱っているものもあって心配である。



037

















こちらは兼六園熊谷桜。兼六園発の品種である。



036

















まだ咲いてはいなかったけど明日にも咲きだしそうな勢い。




044

















曲水と桜。この後の季節は杜若にサツキが綺麗だろう。



043


















花満開の染井吉野。これから散ってしまうのがもったいないくらい。





046

















鶺鴒島と曲水。この辺りは人があまりおらず静かでよい。




050


















いつもは緑ばかりの景色も今はちょっと鮮やかに。



052


















根上りの松。満開の桜に囲まれてちょっと派手に。



054

















染井吉野ばかりでなくぜひ山桜も見てほしい。外国人は染井吉野を本物の桜と思うかもしれないが本家はむしろ山桜なのだ。



061

















今日の霞ヶ池は曇りが多め。




068

















一方こちらは瓢池。桜が燃えるがごとく咲いている。



070

















兼六園の周りでも桜はたくさん。



071

















お茶屋の前の綺麗な染井吉野。この辺も無料開放の今はあふれんばかりの人だかりだ。



076

















兼六園の石川門口の前にある大きな染井吉野。これが一番見事だ。




077

















金沢城に入る。河北門のところでは染井吉野が咲き誇る。



078

















橋爪門続櫓と染井吉野。この桜は少々枝が弱っている。老年に差し掛かりの桜である。



081

















石川門の裏に咲く染井吉野。こちらは壮年期の一番元気な時期の桜だ。



089


















石川門に続く塀と染井吉野。




093


















鶴丸倉庫と染井吉野。



100


















菱櫓の奥に続く桜並木。花見客でいっぱいである。



107


















二の丸より見るうだつ山方面。あちらでも桜の木の紅が見られる。



110


















ちょっと昨年行った弘前城を思い浮かべさせる石垣と桜の共演。



117

















最後にもう一度石川門と桜を。明後日は暴風を伴う雨らしいので桜を楽しめるのは明日までになるかもしれない。