073


















無料公開の最終日の今日。もう桜は散ってしまったが遅咲きの兼六園名木がとうとう咲き出した。

まずこちらは旭桜。霞ヶ池の近くにある白の桜である。数日前から何輪か咲いていたが昨日あたりの陽気で一気に満開となったようだ。



060


















太い幹から何本も枝を伸ばす立派な桜。



009


















桜は菜の花のような強い芳香があった。山桜とも違う星形をしている。



054


















ちょっと染井吉野と似て葉よりも花多め。なので山桜よりはよく目立つ。




005


















雁行橋と旭桜。ちょうど良い時に見ることが出来た。



116


















一方こちらは熊谷桜。旭桜とは打って変わって紅色の眼を引く色合い。八重桜にも似ているがこちらは一重だ。







088


















熊谷桜は兼六園発の独自種だそうだ。一重でこういう紅色は河津桜くらいか。




097


















縁が特に紅色になっている大変きれいな熊谷桜。



104

















まだ満開ではなかったが訪れた人の眼を引いていた。




107


















曲水と熊谷桜。枝振りはなんとなく八重桜を思わせるものがある。




067

















旭桜と熊谷桜。どちらも兼六園でないとみられない名木である。染井吉野よりもこちらのほうが珍しいし一本木の美しさがあるだろう。



118

















曲水の堰には花筏がたくさん。桜のお掃除は大変そうだ。



124

















ヒヨである。

桜前線とともにもうすぐお旅立ちの予定だ。



126


















寂しいけどヒヨは見納め。関東と同じく金沢にもヒヨは10月また飛来するのだろう。




012

















巨大な唐崎松。雪吊りがなくなって随分小さくなってしまったように感じる。




014

















松はそろそろ受粉の季節。これから松ぼっくりが出来るのだ。




021

















七福神の付近は緑が綺麗。



042


















杜若と花筏。葉と葉の間で引っかかっているのも花筏だ。




081

















桜散るこの時期らしい光景が。



084

















白の桜。さっきの旭桜も白かったが花弁の形や色が微妙に違うしあちらのほうが立派だ。



051


















もうすぐ咲きそうな躑躅の花芽。これが咲いたら季節は初夏。移ろいを感じるこの頃だ。




129


















最後に石川門を。もう桜は見納めだ。