024

















どうだん躑躅は紅葉だけじゃなく晩春の花も奇麗。

白いつぼ型のものが花。ちょっと珍しい形だ。


035

















ここは寺島蔵人邸。金沢城の北東に位置している。何本もの名木のどうだんつつじがあって樹齢数百年というものばかり。



029

















建物の二階の高さまであるどうだんつつじ。通常は庭や道路の刈込にあって背は低い。それを考えると相当立派だ。



037

















幹も見どころあり。さるすべりのような骨太さに加え梅のごとく趣のある曲がり方をしているのが見事だ。









055


















場所は変わって兼六園。すっかり新緑のまぶしい季節へと様変わりだ。



059

















琴柱灯篭からの景色にも翠が映えるようになってきた。もう季節は夏へと移ろっているのだ。



064

















こちらは未だ春なのが金沢城西の尾山神社。兼六園菊桜という種類の遅咲きの桜が今見ごろである。兼六園発祥の三大桜 すなわち旭桜 熊谷桜 菊桜のうち八重咲の薄紅色が特徴だ。実は兼六園にある菊桜はあまり状態がよろしくないようなので尾山神社にある菊桜のほうを見た方が良いのである。




068


















菊桜はその名の通り菊の様に沢山の花弁がついている。散るときには一枚づつではなくまるごと落ちる。







073


















前田利家像と菊桜。つつじが咲いて桜が終わり愈々山のほうでも高山植物が姿を現すことだろう。





076


















おまけ。江戸っ子の花 桜草。私の好きな花だ。最近は西洋桜草(プリムラ)ばかり見るがこちらのほうが趣があるのではないか。また江戸の昔のように河川敷に咲き乱れるようになってほしいものである。