IMG_1587


















大暑に合せて出された大氷(上近江町)

一番暑い大暑の頃。でももっと暑くなるのがこれからだ。猛暑はまだ入り口に過ぎない。北陸は仮出所の身なれどいよいよ梅雨明け。さるすべりも咲いて主役は出揃ったところだ。

夏を乗り切る術は色々な場所に見ることが出来る。近江町市場では入口に大きな氷が出されて見るに涼しげだ。この気温ではいつまで残っていられるだろうか 氷は盛んに汗をかいていた。





IMG_1589

















今が旬 夏物野菜(上近江町)


金沢名物の加賀野菜は今が旬。沢山に並んだ青物たちはなんとも瑞々しそうだ。近江町市場は魚ばかり売られているように思われがちだがそれに次いで多いのが八百屋だ。






IMG_1594


















谷庄古美術店(十間町)

洋風建築を連結させた近代らしい建築の家。何度も通っているうちに知ったのだが美術商なのだそうで洋間が店舗になっている。初夏には垣根から顔を出すつつじがなかなかに奇麗だった。






IMG_1599

















観音院四万六千日の張り紙(大手町)

この時期になると金沢市内にはこのような張り紙が随所にみられる。これは東山の観音院で行われる年に一度の四万六千日の催しを伝えるもの。この日に行けば四万六千日分の功徳があるということだ。この日には縁起物のトウキビが売られ これを軒先に下げては魔除けとするのだ。京都での愛宕神社の火伏の御札と同じくらい金沢市内ではこのトウキビを下げた家庭が多くみられる。




IMG_1196


















南無阿弥陀仏の多い店先(袋町)

真宗の盛んなこの地ならでは。お盆には切子灯篭と呼ばれるものを墓前に飾る習慣が金沢にある。切子には南無阿弥陀仏の六字が刻まれている。金沢ではお盆の時期が七月か八月かはっきりせずわりに分散する傾向にあるみたいだ。



IMG_1118


















朝顔いっぱい(安江町)

東本願寺のある商店街にて。ここまで見事に繁茂しているのも珍しい。余り見かけない茶色をした花もある。



IMG_1621


















門前の百日紅(東山)

さるすべりはお寺にはお馴染みの花。真っ赤な花は真夏の青い空によく似合う。さるすべりの花が散る時誰かが死ぬと言われているから何か生死を司る力が此の花にはあるのかもしれない。




IMG_1623


















夏に汗かく築地塀(山の上)

土塀は日にじりじりと照り付けられて茹だらんとしている。こんな道を歩いていると此方まで汗をかいてしまう。山の上の辺の夏は余計に暑い。



IMG_1627


















青柿(森山)

あまり夏だと柿は目立たない。晩秋になると真っ赤に実ってどこからでもよく目立つというのに。今はなんとも不味そうだ。



IMG_1629


















豪農の家(森山)

あづまだちと呼ばれる正面を切妻にした北陸独特の民家。元々は武家様だったのが地方の農家にも広まったものだ。金沢市内でも長町などいくつかあづまだちの家は残っている。この建物は明治初期に作られたもの。



IMG_1631

















桟敷のある茶屋街(主計町)

実に金沢の茶屋文化も風前の灯火と言った所。家屋は次々と喫茶店や菓子舗に取って代わられるばかりだがこの時期ばかりは花街の風情がある。ずらりと並んだ提灯や納涼床。主計町茶屋街を歩くといつもに増して華やかな香がするような気が。



IMG_1632


















川向うに夏の雲(彦三町)

入道雲の住処はまだ狭い。刷毛目の薄雲ばかりが未だに空を統べている。大きな雲が見られるようになるのは8月になってからだ。


IMG_1653


















超雲寺の百日紅(長土塀)

長土塀という地名はなんだか名ばかりで今は静かな住宅街だ。ただ超雲寺の一角だけは例外で三方が古めかしい土塀で囲われている。此所は元々武家屋敷であり明治になって其処がそのまま寺になったのだ。かつての庭園もまだ残っているそうだ。お寺の門からはさるすべりが静かに此方を見ていた。




IMG_1643

















花から実へ ムラサキシキブ(長町)

見逃されがちな紫式部の花。実と同じく紫色をしていて大人しげなのが可愛げだ。花が終わるとすぐにそこには実が出来て初秋には立派な紫色になる。





IMG_1647


















鉢植えオニユリ(中央通町)

仰々しく装ったオニユリの風情。鉢植えではよく見かける。どれもずいぶんと背が高くなって花も人を化かさんとばかりに大きい。







IMG_1650


















大野荘用水の水紋(長町)

川の音ばかりは今涼しい長町の用水。涼を求めて自転車で其処に沿って駆けたくなる。水面には穏やかな波の作る紋様が出来ている。



IMG_1679

















御堂前の百日紅(寺町)

寺町の日蓮宗のお寺。読経の荒々しい声響く中さるすべりは真っ赤な花を誇らしげに咲かせていた。



IMG_1681


















終わりの木槿(寺町)

木槿は一日花。朝に開いて夕になれば花を閉じる。ゆえに朝顔とも呼ばれていた。もはや日も当たらなくなった花たちは力の抜けて畳まれようとしていた。




IMG_1692

















犀川夕照(中央通町)

黄昏時はなんだか寂しい。できれば誰かと一緒にいたものだ。犀川の河川敷では釣りをする人 走る人などそれぞれが思い思いで時間を過ごしていた。


次の立秋は8月7日。大好きな芙蓉花が咲きだしてさるすべりももっと紅くなる。何か夏らしいことでもしてみたい。能登のキリコ祭りでも見に行ってみようかな。