IMG_2051


















ここは信州・小布施。

葛飾北斎の天井絵で有名な岩松院の近くでは福寿草が咲き始めていました。

今年は暖冬で雪は少ないとはいえ、信州は一か月ほど花暦が東京とはずれます。

平地ならとっくに見ごろは過ぎているはずの福寿草も、小布施ではちょうど見ごろでした。

福寿草といえば私は毎年北鎌倉の東慶寺の境内に福寿草が咲くのを楽しみにしていました。

早すぎるとまだ土を割って出て来たばかり、遅すぎると背が伸びすぎてしまうという、見ごろの難しい花でありますが、綺麗な群生が見られた時にはなんとも嬉しいものです。

ですから、旅先の小布施で思いがけずこの花に出会った時はまた正月のあのめでたさが帰って来たような気分になってしまいました。



IMG_2041



















こちらはいい香りの花、蝋梅。民家の脇で咲き始めていました。

私は梅や沈丁花よりも、この蝋梅の香りがするのを楽しみにしています。

うちにあった蝋梅の花は全部腹ペコヒヨドリに食べられてしまったので、近くの家の垣根から伸びていたものを分けていただきました。

蝋梅もやはり梅と同じで咲く前のまん丸いつぼみの姿が可愛いくて良いですね。



この後は小布施から山中に入った渋温泉に泊まりました。真冬の信州、旅情溢れる冬景色を堪能してきました。