IMG_2301


















鶴見の某園芸店にて…。




IMG_2296


















沢山の立派な盆栽が並んでおります。





IMG_2294


















今回の目的は園芸店にお花を買いに来たわけではなく、「バードウォッチング」。

梅を狙ってヒヨや目白がここを毎年訪れるのです。その梅の蜜を食する鳥たちを見ようとやってきました。ですが、もう梅は、終わってました。おかしいですねぇ。

何か最近花暦への感覚が無くなっているのが寂しい私。感性を取り戻さねば。




IMG_2293


















その代わり立派だったのが梅の次に咲いてくる、マイナーながら何とも愛でたくなるような花たち。

中でも立派だったのがこちらのサンシュユ。まるで真柏みたいに渋ーい樹皮と枝ぶりを見せています。

サンシュユって茶道の茶花に似合うかな、と想像したのですが、ちょっと派手過ぎるのでつぼみを生けたいですね。それかあの赤い茱萸の実が成った12月ごろに手折ってみるとか。




IMG_2295


















こちらは木瓜の花。

ミニ盆栽で木瓜の花がちょうど沢山売られておりました。白や薄ピンクの花もあってチャーミングな花です。ツツジや梅とともに盆栽人気高いですね。棘があるのがちょっと怖いですけど。







IMG_2302


















随分背の伸びた寒桜。

そろそろ鉢から地面に植え替え時ですかね。こちらも見頃です。





IMG_2299


















ちょっとピンボケしてますが、雪割草。春を感じてお目覚めです。

雪割草、と言えば八ヶ岳に登った時に山小屋で知り合った方に教えられたのですが、花が好きなら佐渡島がおすすめ、だそうです。

シラネアオイやカタクリ、ニッコウキスゲなどの花が早春から8月まで咲き乱れる花の島、佐渡。中でも有名な雪割草の群生は五月上旬に見ごろを迎えるそうで、今年こそ是非見に行ってみたいと思っています。最近は登山から遠ざかっているのでトレッキングには良さそうかも。




IMG_2298



















最後にこの園芸店に住み着いてるキジトラちゃん。お母さんがちょうどご飯を出してくれたのですがしばらく出てこずにその場でモジモジしてました。