カテゴリ: 日記

今日豊後梅の開花を見ました。大家さん家で二三花弁が開いています。梅の中でも一番好きです。紅の木瓜も咲いていました。紅白の木瓜は一月ごろから咲いていましたけどね。最近また茶道具に興味が湧いてきました。茶道はもう半年もやっていません。けどお道具を見るのは趣味 ...

 神田のまつや、蕎麦が旨い。風味はそこそこだが食感が最高である。何度も来ているがそんなに美味しいと思ったことは無かった。大衆食堂めいた空間で落ち着きがないところで、蕎麦の味など覚えていられないから。だが今日は実に良い体験をしたと思う。こんなに旨かった試し ...

今日は久々の根津青山の御邸址詣りでした。根津美術館では現在 丸山応挙展が催されています。写実をよくし、近世と近代の架け橋を担った徳川藩政後期の絵師、応挙。最近は伊藤若冲が人気なせいか、同時代を生き同じく革新的な作風だった彼にも注目が集まっているのではない ...

最近はすることが無い。かといって仕事は出来ない病気の身。毎日は灰色のように無味である。でも近頃は色が着いてきた。一日喫茶して本を読むだけ。人と逢うことは稀である。他人を見下す趣味が出来た。一番伊達なのは私である。考えることは死についてだけ。目の前の生に全 ...

(無著立像 興福寺)10月15日 陰鬱な冬晴れの日 日本髪の似合う琉球人、黒島結菜の日 血塗られた壁の日自分は人間として生きる資格があるのか。時々そう思う。生きる資格。たぶんそれは考え過ぎた人間が求めるものだろう。楽天家にとって生きることは自明であり、疑 ...

↑このページのトップヘ