カテゴリ: 登山

次に登る山はきっと確実だった。そうだ 白馬にしようと。先日白山を登ってみて思ったことがある。こういう山は他にないだろうかと。白山のように華があって温泉があって高山植物がある。実は白山で見た高山植物の数々には圧倒されたが 思いのほか種類は豊富ではなく少々肩 ...

7月10日。霊夢から目覚めて見てみれば午前3時であった。夢とやらは確かに見たのだがもう覚えていない。ただ覚める間際に確かな女のような男のような何か生き物のような鳴き声を聞いた。其れは実にどうでも良い物音の錯覚だったかもしれない。だが私には来るべき行動を起こす ...

北陸にそろそろ梅雨入りの知らせが舞い込もうかとする頃合い、大分空模様もすぐれない日が増えてきた。6月ともなると山は雪解けが進み登ることのできる高山も多くなる。実に行ってみたい山は様々にあるのだがいかんせん雨に邪魔されて行き難い。今回はその合間を縫うように ...

信州の最北にそびえる美しい名の山、雨飾山(あまかざりやま)。次の山を何処に登ろうかと思案するに金沢という地はあまり便が良い方では無い。どうにかするにも日帰りはし難い。出るにも大変に手間に金にかかってしまうものだ。東京を離れてしまったことの最大の欠点かもし ...

飛騨山脈の上高地。河童橋から南の方に目をやると梓川の向こうに火山らしき山が見える。飛騨山脈唯一の活火山である焼岳だ。焼岳はちょっと変わっている。飛騨山脈の中でもはじかれたような位置にある。焼岳を「小兵」と評した某作家もいるがその存在感は際立っている。なん ...

↑このページのトップヘ