カテゴリ: 東京歩き

三度目のお花見です。見ごろは短し急げよ乙女です。今回は水道橋駅で降り、小石川、春日、茗荷谷、白山、本駒込、そして駒込駅と北上する直線約6キロほどの行程です。そのあいだには桜と庭園を両方楽しめる、小石川後楽園、小石川植物園、六義園をそれぞれ巡りました。史跡 ...

昨日は我が町に燕が到来しました。ちょっと早すぎるかと思ったら去年は3月にもう来ていました。季節の移ろいは鳥が人間以上に解っています。東京では桜が満開、うちにある桜の木はまだ3分咲きですが日ごとに薄紅が濃くなっています。こんな時期には花見に行きたい、と再び ...

桜に会いに散歩してきました。神田~神保町~九段~半蔵門~桜田門~日比谷~有楽町、と皇居を反時計回りに一時間半ほど歩きました。桜はまだまだでしたが、この世で最も可憐な花を、堪能してきました。神田駅で降り、徒歩で神保町古書店街に向かうのがいつもの定番。そして ...

今日は上野へ。文教地区の中心には博物館がある。特別展の春日様がやっていたけれども今回は平常展だけで。善光寺式の三尊像。光背と言う後ろの装飾が大きい。善光寺式の本家は無論長野の善光寺。本尊は誰にも見ることができず、六年に一度、御前立の三尊が公開される。御前 ...

川上不白が草庵を構えていたのはこの辺りだったかと思いながら派手な朱塗りの楼門を潜る。江戸千家は神田明神が興りである。如心斎の門弟の不白はここに暮らしていた。今では池之端に江戸千家はある。青い空を背に梅は日を受ける。受けた花弁は春の酒の香りを皆に届ける。梅 ...

↑このページのトップヘ