カテゴリ: 茶花

(去年自宅近くにて)あなたの身の回りの花に「和」は足りていますか。最近花屋を通りかかったり民家の玄関をふと見やると出会うのは洋花ばかりでちょっと寂しくなります。この島々の人たちは外来のものを極度に好む傾向がありますが、やはり自分たちの島々の持っている良い ...

小一時間かけて埼玉まで行ってきました。浦和の荒川近くにあるサクラソウの自生地を見るためです。サクラソウというのはちょうど桜と同じ時期かそのあとぐらいに桜の花弁にも似たかわいらしい花をつける草のことです。巷ではサクラソウと称されるものがけっこう売っています ...

今日は山梨、長野まで遠出してきました。親戚からもらったJRの「青春18きっぷ」の残り三日分を使い切るために久々に甲信地方へ行ってきました。一方では二年ぶりのお諏訪様詣で、もう一方ではこちらの世界で一番古い桜の木、神代桜を見るために、という目的があったのです ...

華の秋はもう間近かな。野々村仁清 色絵武蔵野茶碗、根津美術館蔵。最近は、あちらこちらでススキが見られるようになってきました。この暑さも少しは収まると、飲む抹茶も少しは美味しくなろうかというもの。中秋のころには、今よりも少しは過ごしやすくなっているかもしれ ...

(去年9月 鎌倉の駆け込み寺・東慶寺にて)今日桜の木の下で咲いている水引を見かけました。しかも通常の紅白の花が咲くタイプではなく、すべての花が白いものでした。この水引という花は、秋の茶花として、お茶の世界では大変珍重されている花であります。茶道で使う花は ...

↑このページのトップヘ