カテゴリ: 茶室

千利休の茶室と言えば「待庵」、古田織部の茶室と言えば「燕庵」、小堀遠州の茶室と言えば「忘筌」か「密庵」(密庵はおそらく彼の設計か)、金森宗和の茶室と言えば真珠庵「庭玉軒」、片桐石州の茶室と言えば「慈光院」(あそこは寺全体が茶室)、といったふうに各時代の大 ...

明日から東京国立博物館で、秋の庭園公開が始まります。上野の東京国立博物館本館の裏にはちょっとした規模の庭園があります。普段は立ち入ることができませんが、これからの紅葉の時期に合わせ明日から公開があります。この庭園にはいくつか各地から移築されてきた古建築が ...

鶴ヶ城天守閣みちのく旅の続きでございます。一日目は仙台に泊まり、二日目は会津へ。着いて早速鶴ヶ城へ向かいましたが、白銀の雪に覆われた鶴ヶ城の美しさは想像以上のものでした。最近葺き替えられた赤瓦がよく映え、五層の天守閣の堂々とそびえ立つ様は深い感動を見る人 ...

今回は堀内家長生庵を紹介します。私は春の短期講習では堀内紀彦さんに、夏は堀内宗完さんにお世話になったので、なんだか縁があるなあと勝手に思っています。お二方とも朗らかな性格で、気さくな方でした。正月には年賀状を長生庵に送ってみました(そのことを聞いた母は図々 ...

今日は五大門跡寺院の一・曼殊院にある茶湯の間について紹介します。自称京都好きの私ですが、まだ醍醐寺や善峰寺といった郊外の寺には訪れたことがなく、曼殊院もかなり不便な立地であるためまだ訪れてはいません。多分今一番行きたい京都の寺でしょう。ここには遠州作庭の ...

↑このページのトップヘ