カテゴリ: 和菓子

江戸の粋な味を今に伝える300年の老舗、東京三田の秋色庵大坂家。私はその味の見事さにほれこんで定期的に通っています。このお店の看板商品は秋色最中、秋色しるこなどがありますが、これらよりも是非味わっていただきたいのが生菓子です。出来栄え、意匠、味、どれをと ...

二日ほど雪で閉じ込められていたせいか、なんだか和菓子が食べたくなってきました。ということで今日はこの時期にぴったりな和菓子を一つ。播磨は姫路の伊勢屋本店が生菓子「玉椿」であります。このお菓子、知る人ぞ知る歴史あるお菓子です。時は文政年間、11代将軍・徳川家 ...

今日訪れた日本橋の三越旧館の地下一階で思いがけないものを発見しました。それはというと、私が愛してやまない京都の名物和菓子「長五郎餅」。私はこれほど美味しい和菓子を他に知らないというくらい好きなのです。しかし私はこれまで長五郎餅は京都にしか売っていないと思 ...

和菓子屋・新杵(しんきね)の生菓子。それぞれ松竹梅に鶴亀の意匠でとっても縁起よし。今日は九州から来た親戚にお茶を振舞ったのですが、その時にいただきました。 ...

京都・長久堂の銘菓・きぬたをいただきました。江戸時代末期に考案され、明治期にパリ万博にも出されたというこのお菓子、京都の和菓子でもけっこうな知名度をもっています。この写真だけではただの寿司巻きにしか見えませんが、切ってみるとこれがきれい。こちらです。芯の ...

↑このページのトップヘ